借金は当たり前ではない

借金にはさまざまな使用用途がありますが、借金はしないに越したことはありません。借金を一度してしまうと、その後も借金することがクセになり、身の丈を超える物を欲しがったり、高過ぎる生活水準を望むようになります。一度不必要な借金をして無駄使いをしてしまうと、それがクセになり、その後の人生に大きな悪影響を与える可能性が非常に高いのです。

・借金をしない生活が普通
借金の返済を毎月していると、借金していることが当たり前になり、借金の返済を家賃の支払いと同じようにずっと続けていくことになります。少しお金に困ったら借入を行い、今まで支払ってきた借金は減っては増えての繰り返しです。はっきり言いますが、その生活は異常事態で、一刻も早くその生活から抜けださなくてはいけません。借金の支払いのとして許されるのは、車と住宅ローンくらいに考えておくと良いでしょう。クレジットカードのショッピング枠も使いすぎに注意したいところです。クレジットカードは、利便性が高く、お金を使っている感覚が鈍いと言われています。分割払いを利用すれば、身の丈を超える商品を購入することだって可能です。クレジットカードを利用するときは、翌月1回払いを利用するようにすると良いでしょう。また、クレジットカードのキャッシュグ枠は絶対に使ってはいけません。クレジットカードのキャッシング枠は金利が高いため、安易に手を出すと返済に生活が困窮することは目に見えています。

無料で借金相談したいならこのサイトが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です